商品の選び方

高所作業車とは、高所における工事、点検、補修等の作業に使用される 機械であって、作業床及び昇降装置により構成され、当該作業床が昇降 装置その他装置により上昇、下降等をする設備のうち、動力を用い、かつ、不特定の場所に自走することができるものをいいます。

高所作業車を選ぶ時の4つのポイント

  1. 作業位置(高さ)による選定 より安全で効率的に作業を行うためには、作業床の高さに余裕がある機種を選定する必要があります。その目安は次のとおりです。
    高所作業車の作業床の高さ=建築物等の高さ(作業箇所) × 1.1~1.2
  2. 作業床への積載荷重による選定 作業床に積載できる荷重は機種毎に決まっています。 機種により積載荷重は、おおよそ200kgから1000kgです。 積載荷重は作業床に乗る人の 体重、装備重量、資材・工具重量などの合計です。
  3. 作業装置による選定 垂直昇降型は、作業場所の直下に車体を設置しなければなりません。連続作業に向いています。
    伸縮ブーム型及び屈折ブーム型は、垂直昇降型に比較して作業範囲が広くとれるため、必ずしも作業真下に車体を設置する必要はありません。
    高所作業車の選ぶポイント1-1垂直昇降型
    高所作業車の選ぶポイント1-2伸縮ブーム型
    高所作業車の選ぶポイント1-3屈折ブーム型
  4. 走行装置による選定 トラック式は、一般公道の走行が可能で、移動性、機動性に富んでいます。
    鉄クローラ式は、不整地、軟弱地盤での作業に適し、ゴムクローラ式、ホイール式は 堅土で整地された路盤上等での連続作業に適しています。
    トラック式以外は、一般公道を走行できません。移送はトラック及び移送専門の車両が必要です。
    高所作業車の選ぶポイント2-1トラック式
    高所作業車の選ぶポイント2-2鉄クローラ式
    高所作業車の選ぶポイント2-3ゴムクローラ式
    高所作業車の選ぶポイント2-4ホイール式

お問い合わせ

商品に関するご質問・ご相談は最寄りの営業所までお問い合わせください。

受付時間 8:30~17:00(日・祝日を除く)フリーダイアル0120-590-907